カテゴリー別アーカイブ: 千葉市政

千葉市連絡所に関する説明会に参加

 千葉市の住民窓口に「連絡所」というものがあります。
 千葉市には、区役所と市民センターがあり、そこが市民の窓口となっています。それらの施設から距離のある地区に住む人が、住民票などを取得できる窓口となるのが「連絡所」です。
 昨年まで、市内の六ヶ所にこの「連絡所」がありました。そのうちの一つは、千葉駅前に設置されており、自分も何度か利用した事がありました。
 しかし、駅前再開発を理由に、今年の2月に廃止されました。
 そして、さらに他の「連絡所」も廃止の可能性がある事が判明しました。地域の方々は驚き、即座に反対署名が60筆も集まりました。
 それに関する対市交渉に参加をしました。

 率直に言って、市の説明は全くもって納得できるものではありませんでした。
 特に問題があると感じたのは、この「連絡所」を見直す理由として、「マイナンバーカードを使ってコンビニで住民票などを取得できるから」と市側が繰り返し主張していた事でした。
 実際、千葉駅前の「連絡所」を廃止した際の告知にも「マイナンバーカードを使ってコンビニで取得して下さい」と書かれていました。
 しかし、「連絡所が廃止になっても、コンビニで住民票が取れるから生活上の不利益はない」などという人はどれくらいいるのでしょうか。

 機械に慣れない人は、操作するのも大変でしょう。しかも、近くにいるのは住民票に関する専門的知識のないコンビニ店員ですから、質問することもできません。
 さらに、マイナンバーや本籍地のように、うかつに記載されてはならない項目をきちんと非表示にするよう、利用者が設定できるか、という問題もあります。
 そして、マイナンバーカードそのものを持ち歩く、というリスクです。他人に知られると大きなリスクのあるマイナンバーが記載されているマイナンバーカードをコンビニまで持っていく事には紛失など多大なリスクがあります。
 このように、様々な危険性・問題点がある「マイナンバーカードを用いたコンビニでの住民票等の取得」を前提に、有人の「連絡所」を廃止する、という事には問題があると言わざるをえません。

 また、説明会の時に住民の方からも指摘がありましたが、コンビニというのは、いつ閉店するかわかりません。
 にも関わらず、「この地域にはコンビニが◯軒あるから、連絡所の代用が可能だ」という説明をしていました。
 もちろん、先述したように、「マイナンバーカードを用いたコンビニでの住民票など取得」を前提とする事そのものが問題です。
 とはいえ、仮に「コンビニでの取得が、安全で誰でも問題なくできる」となっても、このような問題があるから、「連絡所」廃止の理由にすべきではないのです。

 この問題、ほとんど知られていません。しかし、地域の人たちにとっては深刻な問題です。
 ある地域で、連絡所廃止反対の署名を集めた所、1週間足らずで60筆集まった、という事例もありました。
 住民票などを取得する機会はさほど多くはありません。
 しかしながら、必要なときは必ず生じます。そして、取得できる場所が家の近くにないと、そのような時に困る住民が多数発生するわけです。
 もちろん、リスクが高く、高齢者にとっては操作も大変な「マイナンバーカードをを用いたコンビニでの取得」で代用できるものではありません。
 連絡所廃止計画が撤回となるよう、自分もできる限り頑張ります。

支部のお疲れ様会のあと、市議会で代表質問を傍聴

花見川区の支部が開催した、市長選のお疲れ様会に呼んでいただきました。
30分ほど、市長選での思い出、そして今後への抱負を話しました。
思い出として、まず語ったのは、初めて行く道を宣伝カーで進み、小さい公園の前を通ったら、四人の小学生の方が公園からこちらに向かって、「大野たかし頑張れー!エアコンつけて!」と声援をいただいた事でした。
他にも多くの小中学生の方、さらには親御さんや祖父母の方から、エアコン問題についての応援をいただいた話をしました。
国保引き下げ・カジノ阻止・市役所建て替え見直しなどもあわせ、公約実現のため、引き続き頑張っていくとお話しました。

花見川区で行われた、市長選お疲れ様会の模様です

花見川区で行われた、市長選お疲れ様会の模様です


その後、とれたての野菜を使った昼食を楽しみながら、色々な話をしました。
特に、皆さんが不安に思われていたのはマイナンバーでした。
ある方は、マイナンバーを詐取しようとする手紙が届いた、などとリアルな話も寄せられました。
マイナンバーは普通の国民に何ら利益をもたらさないこと、またシステム会社や印刷会社が大儲けをした事などを話し、誰のためにこの制度が作られたか、というお話をしました。
同時に、確定申告書にマイナンバーの記載拒否をしても、実は先方はマイナンバーを把握していること、したがって、マイナンバー制度をなくすには、「記載拒否」ではなく、制度そのものに切り込む必要がある、と訴えました。

これらの問題につきましては、
自治体政策研究所
のサイトが参考になります。ぜひお読み下さい。

その後は、市議会に移動し、野本信正市議の代表質問を傍聴しました。
市長選で争点となった問題についても、野本市議は鋭く追求していました。
まだ7月上旬ですが、エアコンのない教室の温度は30℃を越え、児童・生徒は大変な思いをしています。しかし、市長はいまだにその様子を視察していません。
「シンガポールのカジノへの視察には行っても、エアコンのない学校の教室にはいまだに一度の視察に行っていない」という市長の姿勢を鋭く質していました。
さらに、正面から答えようとしない市長に対し、「一人で行けないなら、自分が一緒についていきますから、教室の暑さを体験してみて下さい」と言ったときは、議場全体がかなりどよめきました。

また、国保滞納者に対し、市のマニュアルが非情な「取り立て」推進となっている事を厳しく指摘していました。
この問題は、自分が、業者の方から聞いて、それを市長選で繰り返し訴えたものです。
終わってから、野本市議が「あの質問は、演説をもとに調査した」と言ってくれました。
とにかく、今の市政は、実際に苦しんでいる人の実態を調べずに、市民サービスを削り続けています。
その一方で、市民に役に立たない大型開発を続けているわけです。

予想通り、後ろ向きの答弁ばかりでしたが、その中でも、様々な形で改善のきっかけを引き出す質問だったと思いました。
自分も、一人ひとりの市民を大切にする市政へ転換するため、引き続き頑張らねば、と改めて強く決意しました。

市長選挙を終えて

 市長選挙から二日が経ちました。
 41,870票は、「新しい千葉 みんなの会」推薦の候補としては最多得票とのことです。
 これまでと違う層の方も投票してくださったわけで、嬉しく思いました。
 ただ、もちろんそれに満足する気はありません。より多くの方々に支持していただけるよう、より一層の努力をせねば、と改めて思いました。
2017千葉市長選挙行政区別の得票一覧

 投票日の翌朝、投票して下さった方からメールをいただきました。学校に通っているお子さんに「大野たかしに投票してほしい」と強く言われた、とおっしゃっていました。
 同じような家庭も多かったのではないでしょうか。
 有権者でない方にも多くの期待をいただいたことに感謝すると同時に、その期待に応えられなかった事を残念に思いました。
 しかし、これで終わったわけではありません。
 投票結果が出た時にも書きましたが、一人の千葉市民として、小中学校普通教室エアコン設置をはじめとする公約実現に向け、引き続き頑張っていきます。

 さて今日は、支援団体への挨拶回りを行いました。皆さんに、暖かく迎えていただきました。選挙期間中の協力に、改めてお礼を言いました。あるところでは、「一市民として、千葉市のためにこれからも頑張って」と激励されました。大変うれしく思いました。
 さて、これをもちまして、自分にとって今回の千葉市長選挙は一段落しました。
 改めて、ご支援いただいた皆様に、心より感謝いたします。千葉市内の方はもちろん、市外・他都県の方からも、温かいご支援をいただきました。
 これを糧にして、千葉市はもちろん、日本の政治を「一人ひとりの市民が大切にされる政治」に変えていくため、より一層頑張っていきます。