カテゴリー別アーカイブ: ブログ

最後の街頭演説が終わりました

 公選法の関係で、拡声器を使っての演説は、投票日前日の20時までとなっています。
 新検見川でその最後の演説を行いました。
 昼間の千葉駅でのお話しを聞いてくださった中央区在住の方々が、新検見川まで駆けつけてくださりました。有難うございました。

 多くの方々に支えていただいた選挙でした。推薦団体の皆様には、本当にお世話になりました。
 また、街頭でも、本当に多くの方々から、嬉しいご声援をいただきました。
 自分に駆け寄って「頑張ってください」と言ってくださった方、宣伝カーに向かって熱心に応援してくださった方がたくさんいました。
 予定表を見て、誉田で行った演説に若葉区から応援に来てくださったご家族もいました。
 そして、ネットでも、多くのご支援をいただきました。
 自分の発信を拡散してくださった方々、応援の投稿・返信をしてくださった方々、街頭演説の様子を写真や動画で広げてくださった方々、有難うございました。
 四年前よりもずっと多くの人々に支えていただいた選挙になりました。

 さて、改めて、今回の市長選の争点と自分の主張などをまとめます。
 なお、ここでの「争点」は、先日行われて、候補者三人の討論会において提示されたものです。
 各候補者が一つつづ争点を提示したのに加え、前市政の評価を主催者が提示しました。
 千葉市のみならず、現在の日本において、最大の問題である新型コロナウイルス対策がまず最大の争点でしょう。
 自分の主張は、「いつでも、誰でも、何度でも、無料のPCR検査」を千葉市で実施する、です。
 大規模検査を徹底的に行い、感染している人を明らかにし、その人達を保護して、さらなる感染を抑え込む、という戦略です。
 それによって、千葉市で「ゼロコロナ」を実現させます。
 ワクチンですが、千葉市の接種計画を見ると、4月から高齢者を開始し、全体の接種は8月からとなっています。
 もちろんワクチンの活用は重要です。しかし、この接種予定を見れば、ワクチン頼みにせず、感染症対策の基本である大規模検査が必須であるという事はおわかりいただけるのではないでしょうか。
 この大規模検査を主張しているのは自分だけです。

 次に、子ども医療費の問題です。
 昨年8月から、千葉市は子ども医療費薬局窓口負担という制度を導入しました。
 端的に言うと、子ども医療費を倍増させたことになります。
 これまで、子ども医療費は、小学3年以下は300円、小学4年から中学3年までは500円を病院の窓口に支払う仕組みになっていました。
 じつは、この金額だけでも千葉県にある他の自治体より高くなっています。
 それに加え、この制度ができたため、同じ金額を薬局の窓口でも支払わなくてはならなくなりました。
 たいていは、病院にいけば、薬を処方され、それを薬局で購入します。そのため、これまでの300円が600円、500円が1,000円となってしまいました。
 ある1歳の子どもが白血球に関する病気にかかり、入退院を繰り返すようになりました。
 お母さんに聞いたところ、今年に入ってもう1万2千円の医療費を支払ったとのことでした。このままだと、年間で4万円以上支払うことになると言っていました。
 病気であるだけでも、家族は心配でしょう。そして、いろいろな対処をしなければならないわけです。
 それに加え、医療費の心配まで家族にさせるという、本当に酷い制度です。
 だからこそ、即座に廃止する必要があります。
 そして先述したように、以前の「小学3年以下は300円、小学4年から中学3年までは500円」ですら高いのです。
 隣の四街道市は中学3年まで無料です。
 だからこの機会に、千葉市も無料にすべきだというのが自分の主張です。
 無料にするための予算は年額5億円です。十分まかなえます。

 幕張新都心についても争点になっています。
 この件で自分が最も強く主張したいのが、カジノ(IR)は絶対に作らせない、という事です。
 カジノというのは、利用者をギャンブル中毒にして儲けるというビジネスモデルです。
 本人のみならず、その家族や周辺の人まで不幸に陥れます。
 また、周辺の治安も悪化します。
 このようなものは、絶対に千葉市に造らせません。
 今後の幕張新都心についてですが、これ以上の開発は不要という考えです。
 既存の施設は活かし、必要に応じて保守管理をしますが、それ以上、ここに税金をつぎ込む必要はありません。

 千葉市の経済活性化という争点も提示されました。
 自分の主張は、中小業者の営業と暮らしを守ることを最優先する、です。
 このコロナ禍で、飲食店をはじめ、多くの中小業者の売上が減りました。
 前回の緊急事態宣言のときには、千葉市独自の持続化給付金がありましたが、今回は行っていません。
 まず、速やかに給付金を支給して、経営難の中小業者を助けます。
 長期的に見ても、この地元の中小業者を応援することが千葉市経済の活性化につながると考えています。
 地元の中小業者はその利益を地元で消費します。そのたえ、域内経済の好循環が生まれます。
 一方、従来のような大型開発や大企業呼び込みでは、千葉市で暮らす人にとっての経済効果はあまりありません。
 あわせて、中小業者が起業しやすい環境を整えることが、千葉市ならではの新たな産業を創出すると考えています。

 最後に、前市政の評価です。
 NHKのアンケートでは、100点満点で1点をつけました。この1点は、いち早くパートナーシップ制度を導入した事などを評価してのことです。
 それ以外については、市民に冷たい悪政だったと言わざるを得ません。
 様々な形で市民負担を増やし、市民へのサービスを削りました。そこで生じた財源のほとんどを大型開発に使いました。
 その大型開発の象徴と言えるのは、稲毛海浜公園の「白い砂浜」です。10億円近くかけて造ったものの、白砂は風で吹き飛びました。
 そこにさらに5億円以上かかてウッドデッキを造ろうとしています。(稲毛海浜公園の現状を取材した動画
 このような市民生活に役立たない大型開発をやる一方で、市民生活を悪化させたわけです。
 自分も一人の市民として、本当に暮らしにくくなったと痛感しています。
 地方自治の本来の目的は、住民福祉の向上です。それを悪化させたのですから、このような評価となるのは当然です。

 他にも様々な主張・論点があります。それについては、ぜひこの公式サイトに掲載した政策集などをご覧いただければ幸いです。
 ぜひとも、これを読んで自分の政策を理解していただき、大野たかしに一票を投じていただければ幸いです。
 なおその際、同日に行われる県知事選挙は、かなみつ理恵さんに、さらに若葉区の方は市議補選で、江田ちよさんにあわせて投票していただければと思います。

 

この12年間で行われた千葉市の大型開発について

 前市長が就任してからの12年間で、千葉市は税金を330億円使って大型開発を行いました。
 その象徴と言えるのが、稲毛海浜公園の「白い砂浜」です。
 この公園は、かつて黒砂海岸と呼ばれていたところを埋め立てて造られました。
 そして、千葉市の海辺と言えば、近所にある野球場の試合が「風で中止」になるほどの強風地帯です。
 そのようなところに、オーストラリアから8億円かけて白砂を輸入し、2億円の工事費をかけて敷き詰めました。
 現場にある、千葉市が設置した海岸によると、2020年5月の時点では、白い砂浜になったそうです。

千葉市の看板

千葉市の看板


 しかし、千葉市名物の強風により、その白砂は風で吹き飛んでしまいました。こちらは、2021年1月に撮影した写真です。
白い砂が消し飛びんだ稲毛海浜公園

白い砂が消し飛びんだ稲毛海浜公園


 千葉市の説明によると、雨上がりなどになると、くすんだ色になる、などと書かれています。しかし、それは事実ではありません。無理やり入れた白砂は今でも真っ白ですが、本来の「黒砂海岸」の部分が黒いだけです。この写真を見れば明らかです。
ところどころに「白い砂浜」の名残はありますが、もはやすっかり黒砂海岸です

ところどころに「白い砂浜」の名残はありますが、もはやすっかり黒砂海岸です

 結果を見れば、10億円の税金が風で吹き飛んだと言わざるをえません。これまで、様々な税金の無駄が問題になりましたが、ここまで酷い例は、日本の歴史でもなかなかないでしょう。
 さらに驚くべきことに、これに懲りず、さらに稲毛海浜公園に5億円以上かけて、「海に伸びるウッドデッキ」を建設中です。
 ちなみに、5億円あれば、千葉市の中学生以下の子ども医療費を一年間無料にできます。どちらに税金を使うべきか、明らかではないでしょうか。(参考う・子ども医療費問題について
 千葉市は前市長になっての12年間で、大型開発に335億円の税金を使ってきました。一方で、福祉関係で363億円をカットしてきました。
 つまり、市民負担を増やし、市民サービスを削減して、それとほぼ同額を大型開発につぎ込んできたわけです。
 その大型開発によって、千葉市民に何かいい事があったのでしょうか。
 稲毛海浜公園に行ったとき、市民が浜辺を散策して楽しんでいました。市民が海辺を楽しむのに、白い砂もウッドデッキも必要はありません。
 観光客を呼ぶという名目があるのかもしれません。しかし、東京などに住む人が千葉で海を楽しみたいなら、内房・外房・銚子などの、自然豊かな海岸に行きます。ウッドデッキで海を見たければお台場などに行くでしょう。
 こんな事に税金を使うのでしたら、そのお金を、子ども医療費無料化・公立保育所の維持・市立病院の拡充・少人数学級の推進などに使うべきです。
 しかし、先日の候補者ZOOM対談において他の二人の方は、前市政の大型開発路線を変えるつもりはないと明言していました。前市長の後継者は「千葉市にはもっと開発ができるところがある」とまで言っていました。
 もちろん、自分は大型開発を見直します。それによって生じた財源を市民生活・市民サービスにあてます。
 具体的にはPCR検査の大幅拡充・子ども医療費無料化・市立病院の病床拡充・公立保育所を維持する・少人数学級に向けて正規雇用の教員を増やす、などです。

 なお、3月の市長選告示前に、再度現場に行って、動画を撮影してきました。波に運ばれたのか、浜辺には黒い砂利でいっぱいでした。改めて、ここを「白い砂浜」にしようとしたことが、根本的に間違っていたと痛感しました。(動画・これでいいのか?千葉市の大型開発 税金8億円をかけて白砂を入れた稲毛海浜公園に行きました。)

千葉市の防災対策について

 今日は、東日本大震災から10年目の日です。
 当時、自分は会社員をやっており、取引先との会議を行っていました。
 その最中にこれまでにない揺れを経験しました。
 そして翌日、福島第一原発が爆発しました。
 地震・津波に原発事故が重なって莫大な被害が生じました。
 それまでも、原発反対でしたが、この事故を見て、人生初となる反原発デモに参加したものでした。
 10年経ちましたが、まだまだ災害も事故も収束していません。そのことを改めて考えさせられました。

 さて、千葉市は一昨年の秋、台風が直撃しました。
 中央区では風速57メートルの風が吹きました。よく使っている作草部の国道の上に、プレハブの家が飛んできた、というニュースを見た時は心底驚きました。
 また、我が家は無被害でしたが、多くの知り合いが、停電で不便を余儀なくされました。
 またいつ台風がやってくるかわかりません。そのためにも、この停電対策を進める必要があります。
 停電の原因の一つに倒木で電線が切断されるというのがあります。これを防ぐために、市内の樹木の状況を調査し、倒木の危険性がある樹木に事前の対処を行う必要があります。
 また、村田川などの河川氾濫もありました。こちらの対処も進めていきます。

Continue reading