カテゴリー別アーカイブ: ブログ

衆院選挙を終えて

 衆院選から4日経ちました。
 遅くなりましたが、自分に投票して下さった24,231人の方、また、応援して下さった多くの方に、心より御礼申し上げます。有難うございました。
 当選できなかった事、さらには、比例代表の南関東ブロックの議席を減らしてしまった事、大変残念に思っております。力不足をお詫び申し上げます。

 今回の選挙、本当に多くの方に応援していただきました。
 選挙カーが通りかかった時、まず車の上を見て、大野だと確認してから手を振って下さった方、「大ファンです」と言って下さった小学生の方、最後までずっと話を聞いて感想を下さった方をはじめ、様々な形での応援をいただきました。本当に感謝しております。
 また先日は、「日本共産党の政策に全て賛成しているわけではないが、応援した、これからも頑張ってほしい」というメールを県委員会に送って下さった方もいました。
 また、個人的な話ではありますが、これまで二回しか選挙に行った事がなかった妹が、比例で日本共産党に投票したとメールしてくれました。これも嬉しいことでした。

 それだけ多くの方の期待に、自分はどれだけ応えられたのでしょうか。「もっと違う政策も演説内容に入れるべきだった」といまだに思い返すことが多々あります。
 立候補を表明したのは昨年の5月末でした。その間、市長選に挑戦もしましたが、それも含めた約1年半、もっとできる事はあったはずです。
 とはいえ、いまさら過去は変えられません。その反省も糧にします。
 投票日前日の、最後の演説で、「今の世の中、おかしくありませんか?普通に働いたり学んだり老後を過ごしている人の生活が悪化する一方で、自民党に献金している大企業や首相のお友達ばかりが優遇されています。その歪んだ政治を変えたい。自分は絶対に諦めません」と言いました。
 もちろん、今もこの思いは変わりません。
 自分はこれからも、政治を変えるために、そして自分の目指す、「誰もがストレスなく安心して、暮らし、働き、学び、老後を過ごせる世の中」の実現に向け、絶対に諦めずに頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

日本共産党が目指す共産主義社会について

 今回の選挙は、多くの無党派の方、他党支持の方が、日本共産党への投票を勧めて下さっています。本当にありがたい限りです。
 その中で、「この選挙で日本共産党に投票しても日本が共産主義になるわけはない。だから安心して投票してほしい」という呼びかけがありました。
 それを書いている方は、日本共産党を応援しつつも、我々が目指している共産主義が、旧ソ連などが標榜していた「共産主義」と同類である誤解していると思われます。
 しかしながら、日本共産党が目指している共産主義は、旧ソ連などの体制とは全く違うものです。

 日本共産党の目指す共産主義がどのようなものであるかについては、日本共産党綱領に書いてあります。
 綱領とは日本共産党がどのような政党か、今の社会をどう考えているのか、そしてどのような社会を目指しているかを明記した文章です。
 その第5章では「社会主義・共産主義の社会をめざして」という題名で、具体的に、日本共産党が目指す共産主義について書いています。
(※日本共産党綱領では、目指すべき未来社会を「社会主義・共産主義」もしくは「社会主義」という言葉を使っていますが、本稿では便宜上「共産主義」と表現します。意味に違いはありません。)

Continue reading

2017年総選挙、始まる

 いよいよ総選挙が始まりました。市民の皆さんと野党の共闘で、格差拡大・平和破壊の安倍政治を終わらせ、一人ひとりが大切にされる政治・8時間働けば普通に暮らせる世の中の実現に向け、全力で頑張ります。
 そのためにも、日本共産党をより大きくしていただきたいと願っています。
 第一声は千葉駅前で行いました。新社会党の上野建一元衆院議員から、応援演説をしていただきました。上野さんと新社会党の皆さんに、心より御礼申し上げます。
 自分は、悪政を極める政治を変えるために、この2017年10月を安倍内閣最後の月にしたい、とお話しました。そして、自民党の消費税を10%に増税して、増税分の一部を教育・福祉に使う、という公約について、これまで何度も「消費税は福祉・社会保障のため」と公約してきたが、それをことごとく守らなかった事を指摘しました。
 さらに消費税8%増税以降の生活・消費・経済の悪化にふれ、10%増税など絶対にさせない、と話しました。同時に、代わる財源として、法人税・所得税の税率を元に戻し、大企業・富裕層向けの優遇措置をやめれば、それだけで消費税2%に相当する財源ができること、さらにタックスヘイブン規制を厳しくし、日本で儲けた分はちゃんと日本に納税させる、などの対案をお話しました。

 また、自民党が憲法九条改憲を公約したことについて批判し、自民党案の九条に三項を追加して自衛隊を明記すれば、それは海外での戦争参加、さらにはそれに対する日本国内での報復テロの危険性につながる、と指摘しました。
 そして憲法九条を守り、平和な日本を100年後、200年後に継承していきたい、とお話をしました。
 千葉1区は、自分の他に三人が立候補していますが、自民・希望・維新といずれも改憲を公約に掲げている政党から出ています。千葉1区で唯一憲法を守る公約を掲げている自分に、平和を守る一票を託して下さい、そして比例は日本共産党に、と訴えました。

Continue reading