政策

 誰もが、ストレスなく学び、働き、暮らし、老後を過ごせる社会を目指しています。
 自公政権による「1%のための政治」から、「99%のための政治」に変えていきます。
 主な政策は以下の通りです。

働き方チェンジ

  • 「8時間働けば普通に暮らせる社会」を実現させるために、長時間労働を抑制し、給料を上げます。
  • 「望めば誰もが正社員に」実現のため、派遣法改正、同一労働同一賃金の実現などに取り組みます。
  • 「ブラック企業」を根絶させます。違法労働・サービス残業・パワハラをやめさせます。

税金の集め方チェンジ

  • 消費税増税は絶対に行わせません。
  • 法人税・所得税を上げ、払える能力を持つ企業・富裕層に儲けに見合った税金を支払ってもらいます。
  • タックスヘイブンによる税逃れを規制し、日本で得た利益を日本に納税させるようにします。

税金の使い方チェンジ

  • 福祉・社会保障を最優先にします。
  • 国保料・介護保険料などの値上げをやめさせます。
  • 防衛費は減らします。特に、日本の安全を守るのに何の役にも立たないオスプレイ・ステルス戦闘機などの他国攻撃用の兵器購入をやめさせます。
  • 無駄な大型開発を見直します。公共事業は、道路修繕など、生活に役立つものを最優先とします。

産業構造のチェンジ

  • 一部大企業のみを応援するのではなく、中小企業・個人事業・農業などに力を入れます。
  • 中小業者の営業と暮らしを守ります。労働者の七割を占める中小企業で働く人が安心して働けるようにします。
  • 農業を国の基幹産業に位置づけ、食料自給率を向上させます。

安心して学べる世の中にします

  • 大学の学費を、10年で国公立・私立とも半額にします。
  • 返済不要の給付制奨学金を70万人を対象に実施します。また、現在、返済している人の負担を軽減します。
  • 教員の労働条件を改善します。正規教員を増やします。
  • 地元千葉市をはじめとする未設置の学校にエアコンを設置させます。
  • 政府支出における教育費の割合を増やします。現在のOECD最下位の教育支出を、まずはOECD平均までに引き上げます。

平和な日本を守ります

  • 核兵器禁止条約を日本がに批准させます。ヒバクシャの方々の想いにこたえ、世界を核兵器廃絶の道に進めます。
  • 憲法違反の「安保法制=戦争法」は廃止させます。
  • 安倍首相の目指す憲法九条改憲を行わせません。
  • 在日米軍基地の縮小・撤退を目指します。辺野古新基地の建設を阻止します。

2017年5月に行われた千葉市長選挙で掲げた政策