経歴

大野たかしの経歴です

  • 1969年5月22日 東京都中野区野方に産まれる。
  • 1992年3月   明治大学政治経済学部政治学科卒業
  • 1992年4月   (社)日本将棋連盟に就職
  • 1997年10月   千葉市花見川区幕張本郷に転居
  • 2006年4月   キズナジャパン(株)に転職
  • 2008年3月   (株)CSSビジネスサポートに転職
  • 2012年3月   (株)CSSビジネスサポートを退職
  • 2012年6月   パソカレッジ大久保教室を開業
  • 2012年7月   千葉西民主商工会常任理事に就任
  • 2013年7月   千葉西民主商工会副会長に就任
  • 2015年12月   パソカレッジ大久保教室を閉鎖
  • 2016年1月   日本共産党千葉県中部地区委員会に勤務
  • 2016年6月   衆議院千葉1区予定候補に
  • 2017年4月   千葉市長予定候補に(衆院千葉1区予定候補は解任)

大野たかしの写真です

 中学時代から政治に関心を持ちました。高校時代は鉄道研究会の会長として、文化祭で国鉄分割民営化に反対する展示を行いました。
 10代の頃から日本共産党を支持しており、地域の後援会活動に参加するなどしていました。
 そして、2012年に独立開業した際に、業者団体である千葉西民主商工会に加入し、商売の相談に乗ってもらうかたわら、「平和でこそ商売繁盛」の理念に共鳴しました。それゆえに、業者運動、さらには政治活動に積極的に携わるようになりました。

 大学時代に将棋研究会に所属し、その経験を活かして卒業後、日本将棋連盟に就職しました。
 当初は雑誌編集・建物管理などを行っていました。団体所有ビルである将棋会館のエアコンが故障し、その入れ替え工事を担当したことは、今でも強く記憶に残っています。
 その後、インターネットの登場にともない、コンピュータに強い関心を持ち、そちらの分野に進みます。
 WEBサイト管理・オンラインショップ運営、PC管理などを行っていました。そこで得たスキルを活かして、自営の道を歩もうと思うようになりました。
 そこで、複数の民間企業勤務を経て、就職支援学校講師だった弟の協力を得てパソコン教室をはじめました。
 ところが、2015年10月に弟が急死し、教室運営の継続が不可能になりました。
 その際に、「誰もがストレスなく、働き、学び、老後を暮らせるような、命と暮らしが守られる社会に」の実現に残りの人生を尽くしたいと思い、日本共産党の専従職員となり、現在に至っています。

 家族は配偶者で、二人で暮らしています。子供はいません。
 趣味は、パソコン・将棋・猫と遊ぶ・旅行・読書・漫画・アニメなど。休みの日は、家の周りや、千葉駅周辺などを家族と散歩して過ごすのが好きです。

尊敬する人
カール=マルクス・小林多喜二
好きな食べ物
豆腐・納豆・レタス・パセリ
千葉市内で特に好きな場所
千葉公園・中央図書館・花見川サイクリングロード・幕張本郷のツツジ並木
好きな文筆家
不破哲三・本多勝一
好きな漫画家
上北ふたご・ながいけん
好きな将棋の戦法
四間飛車穴熊・相振り飛車
主な資格
初級システムアドミニストレータ・ITIL® ファンデーション・個人情報保護士