カジノ設置反対

 現在、幕張メッセ近辺に、カジノを伴う統合型リゾート施設(以下カジノと表記)を設置する計画があります。
 推進派は「カジノで人を呼ぶ」「経済効果がある」と宣伝します。
 しかし、カジノの本質は賭博です。ただでさえ、ギャンブル依存症患者が多いことが社会問題になっています。
 万が一、カジノができたら、より多くの方が、より深刻なギャンブル依存症に苦しむことになります。
 また、カジノ周辺に、反社会的勢力が進出する、という危険性もあります。
 日本のどこにもカジノはいりません。私・大野たかしは、市民と治安を守るためにも、このカジノ建設計画にはきっぱり反対いたします。
(参考・カジノ設置反対に関するブログ