国保料引き下げ

 現市長のもと、国民健康保険料の値上げが繰り返されていました。そのため、多くの人が保険料の支払いに困っています。中には、払いきれずに保険証を取り上げられてしまう人もいます。
 市民がの健康と暮らしを守るためにも、国民健康保険料は1世帯1万円の引き下げを行います。
 6年間で所得100万円の世帯が約3万円も引き上りました。公共料金でここまで上がったのは他にはなく、年金が減らされ、生活がくるしいのに追い打ちをかける保険料の値上げはやめ、安心して医療を受けられる国保に改善します。
 また、自営業者が病気で営業休止し、所得がないのに前年の所得から高額の保険料を請求され、市役所に相談に行ったら、高圧的な態度で支払い計画の作成を求められた、という話も聞きました。
 そのような市民に冷たい行政は改めます。
 大型開発を見直し、それを引き下げの財源とします。