カテゴリー別アーカイブ: 千葉市政

千葉市の教育問題について

 先日行われた千葉市議会における、かばさわ洋平市議の代表質問で明らかになりましたが、千葉市立の中学・高校では、49%の学校が下着の色を指定していました。
 また、「ツーブロック禁止」と髪型は67%もの校則に記載されていました。
 このような人権侵害の校則は許されません。
 市立学校の校則については、児童・生徒の人権を侵害しているものは全て見直します。
 「子どもの権利条約」に見合った校則に改めさせ、校則制定に児童・生徒の意見を反映させます。

 昨年春、緊急事態宣言のもと、教室での「三密」を回避するため、分散授業が行われました。
 一クラス20人程度での授業となったのですが、多くの児童・生徒の理解度が上がったとのことでした。
 また、先生も、全ての児童・生徒に目が行き届き、授業がやりやすくなった、と語っていました。
 日本の学級定員は多すぎます。千葉市でも、さらに少人数学級を進めるべきです。
 まずは早急に35人学級を義務教育全学年で実現させ、さらに国の財政支援要請も強め、30人学級を目指します。

 教員の長時間労働の問題も深刻だと考えています。
 何度か、朝6時前後に学校の前を通った事がありました。どの学校でも、その時点で部屋の電気がついていました。
 その時間から出勤せざるをえない、という事なのでしょう。
 それだけ、教員一人あたりの業務が多すぎるわけです。
 正規雇用の教員を増やし、教員の業務負担を減らす必要があります。

  • 学校校舎と体育館の洋式トイレ化を前倒しで実施
  • いじめや、不登校対策として、スクールカウンセラーの全校専任配置と複数担任制導入
  • 発達障がい児へのきめ細やかな支援と特別支援学校の新設
  • 老朽化と過密化が深刻な既存の特別支援学校の教室増設、並びに新たな特別支援学校の設立
  • 教員多忙化解消のための部活指導員増員とガイドラインの徹底
  • オンライン教育やICT教育推進のためのICT支援員の全校配置
  • 新型コロナ対策の手洗いが冬でもできるよう、水道の温水化

 なども進めていきます。

子ども医療費薬局窓口負担有料化問題について

 2020年8月に、千葉市は子ども医療費薬局負担を有料化しました。
 7月以前は、病院の窓口負担が小学3年生まで300円で、4年生以上は500円でした。
 病院に行くと、窓口で300円ないし500円を払えば、続いて行く薬局の窓口では無料で薬がもらえました。
 しかし、8月からは、まず病院で300円ないし500円を払い、そのあと、さらに薬局で同じ金額を支払うようになりました。
 つまり、これまで小学3年以下は1回300円、それ以上は1回500円で済んでいたのが、それぞれ2回600円、2回1,000円と倍増となったのです。

 実は、以前の「病院窓口のみ有料」ですら、周辺の市に比べれば割高です。市原市と八街市は学年に関係なく医療窓口負担300円のみです。四街道市に至っては0円です。
 ただでさえ割高だった負担を、一気に倍にしたわけです。なお、子ども医療において薬局窓口でお金を取るような制度、千葉県では千葉市しかありません。
 そのため、病気がちの子どもがいる家にとっては大きな負担増になります。

Continue reading

政策紹介リーフができました

 2021年千葉市長選挙の基本政策を記したリーフができました。
 自分の簡単な経歴、これまでの千葉市政に対する見解、そして市長となってどのような千葉市を作っていきたいかについて、まとめられています。
 ぜひお読みいただければと思います。
 画像をクリックすると大きくなります。
 また、このリーフをお知り合いに配りたい、という方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いです。