カテゴリー別アーカイブ: 千葉市政

京成千原線・大森台駅にエレベーターを

 千葉市と市原市を結ぶ、京成千原線には、起点の千葉中央を含め、6つの駅があります。
 その中で、千葉市中央区にある大森台駅だけは、エレベーターもエスカレーターも設置されていません。
 しかも、ホームから階段を登って改札口に行き、さらにそこから階段を登って市街に出る、という構造になっています。
 したがって、車椅子を利用されている方をはじめ、荷物のある方、ベビーカーを使用されている方などに、多くの負担をかけています。
 駅のエレベーター設置基準は、一日の乗降人数が3,000人とのことです。
 大森台駅は2019年で2,936人ですから、ほぼ基準を満たしているわけです。
 64人足りないからといって、エレベーターを設置しない事は不適切ではないでしょうか。
 早急にエレベーターを設置すべきです。

 なお、この問題について、日本共産党千葉市中央区委員会は、ふくなが洋市議とともに、長年、取り組んできました。
 2021年5月にも、中央区長と交渉の場を設け、この件を要望しています。
 その際、中央区からは、京成電鉄の判断によるという回答がありました。
 そこで今回は、京成電鉄と交渉すべく、署名運動に取り組みました。
 本日も、大森台駅周辺をまわったのですが、1時間半ほどの間に、76人もの方が協力してくださいました。
 中には、「97歳で字がちゃんとかけないけれど…」と言いながら、時間をかけて書いてくださった方もいらっしゃいました。
 それだけ、地元の方々は必要としているわけです。

Continue reading

無料PCR検査を受けました

 12月24日より、千葉県新型コロナウイルス感染症に係るPCR等検査無料化事業が開始されました。
 2020年春には、厚労省がデマまで流してPCR検査抑制を行ってきました。
 そして、2021年3月に市長選のあった頃は、「ワクチンさえ出回れば大丈夫」みたいな、ワクチン万能論が流され、検査が軽視されていました。
 選挙の前に、市の担当者から話を聞いたら、政府の流したPCR抑制デマと全く同じ事を言っていました。
 また、議会を傍聴すれば、かばさわ洋平日本共産党市議の質問に対し、局長がプール式検査の意味が全くわかっていない事を露呈するような答弁をしていました
 しかし、その後、多くの人が声を挙げ、政府や自治体の方針を改めさせ、このような無料検査が実現したわけです。
 3月の市長選で、一番の公約として「千葉市で、いつでも誰でも何度でも無料のPCR検査」を掲げた身としても、大変うれしく思っています。

 そこで、大晦日の日に、ウエルシアに行って、無料PCR検査を受けてきました。
 「PCR『等』検査」の「等」が曲者で、PCR検査と抗原検査の二択となっています。そして、「PCR検査だと結果が出るまで数日かかる」などと、言外に抗原検査を勧めるような事を言われました。
 しかし、PCR検査と抗原検査では感度が違います。当然ながら、PCR検査にしました。
 なお、ウエルシアの店内ですが、無料検査に関する案内はどこにも掲示されていませんでした。
 しかしながら、まあ、レジにいる店員さんが受け付けるわけはないだろうと思い、調剤薬局の窓口で問い合わせてみたら「ここでやっています」という回答をもらえました。
 店内に表示がない事もあり、調剤薬局のスペースも閑散としていました。2020年に流された検査抑制デマ「検査をすると希望者が殺到して大変な事になる」がいかに現実離れしているか、身を持って実感しました。

Continue reading

千葉市パラリンピック学校連携観戦について

 8月17日、千葉市は、パラリンピック学校連携観戦を当初の予定通り実施する、と発表しました。
 計画通りに進むと、約2万8千人の小中学生が、パラリンピックを観戦することになります。
 すでに、パラリンピックは無観客開催が決定されています。その理由はもちろん、観客を入れたら新型コロナ感染のリスクが高まるからです。
 当然ながら、小中学生を観戦させれば、新型コロナ感染のリスクが発生します。

 特に、この8月になって、状況は大きく変わっています。
 まず、感染者数が、五輪強行開催の影響もあり、大幅に増えました。
 8月18日の千葉県新規感染者は1,600人を越えました。死者も5人出ています。うち295人の感染者を出した千葉市では、40代の方も亡くなっています。
 そして、学校・保育所などでクラスターが多発しています。
 それだけ、若年者の感染が拡大し、しかもそこからさらに別の若い人に感染、という状況になっているわけです。
 当初よく言われた、「新型コロナは若い人はかかりにくいし、かかっても無症状」などというのは、もはや現在には通用しません。
 そのようななか、学校連携観戦などを実施したらどうなるでしょうか。
 極めて高い確率で、子どもの間で感染爆発が発生します。さらに家庭内感染で大人にも広がるでしょう。

Continue reading