カテゴリー別アーカイブ: ブログ

この12年間で行われた千葉市の大型開発について

 前市長が就任してからの12年間で、千葉市は税金を330億円使って大型開発を行いました。
 その象徴と言えるのが、稲毛海浜公園の「白い砂浜」です。
 この公園は、かつて黒砂海岸と呼ばれていたところを埋め立てて造られました。
 そして、千葉市の海辺と言えば、近所にある野球場の試合が「風で中止」になるほどの強風地帯です。
 そのようなところに、オーストラリアから8億円かけて白砂を輸入し、2億円の工事費をかけて敷き詰めました。
 現場にある、千葉市が設置した海岸によると、2020年5月の時点では、白い砂浜になったそうです。

千葉市の看板

千葉市の看板


 しかし、千葉市名物の強風により、その白砂は風で吹き飛んでしまいました。こちらは、2021年1月に撮影した写真です。
白い砂が消し飛びんだ稲毛海浜公園

白い砂が消し飛びんだ稲毛海浜公園


 千葉市の説明によると、雨上がりなどになると、くすんだ色になる、などと書かれています。しかし、それは事実ではありません。無理やり入れた白砂は今でも真っ白ですが、本来の「黒砂海岸」の部分が黒いだけです。この写真を見れば明らかです。
ところどころに「白い砂浜」の名残はありますが、もはやすっかり黒砂海岸です

ところどころに「白い砂浜」の名残はありますが、もはやすっかり黒砂海岸です

 結果を見れば、10億円の税金が風で吹き飛んだと言わざるをえません。これまで、様々な税金の無駄が問題になりましたが、ここまで酷い例は、日本の歴史でもなかなかないでしょう。
 さらに驚くべきことに、これに懲りず、さらに稲毛海浜公園に5億円以上かけて、「海に伸びるウッドデッキ」を建設中です。
 ちなみに、5億円あれば、千葉市の中学生以下の子ども医療費を一年間無料にできます。どちらに税金を使うべきか、明らかではないでしょうか。(参考う・子ども医療費問題について
 千葉市は前市長になっての12年間で、大型開発に335億円の税金を使ってきました。一方で、福祉関係で363億円をカットしてきました。
 つまり、市民負担を増やし、市民サービスを削減して、それとほぼ同額を大型開発につぎ込んできたわけです。
 その大型開発によって、千葉市民に何かいい事があったのでしょうか。
 稲毛海浜公園に行ったとき、市民が浜辺を散策して楽しんでいました。市民が海辺を楽しむのに、白い砂もウッドデッキも必要はありません。
 観光客を呼ぶという名目があるのかもしれません。しかし、東京などに住む人が千葉で海を楽しみたいなら、内房・外房・銚子などの、自然豊かな海岸に行きます。ウッドデッキで海を見たければお台場などに行くでしょう。
 こんな事に税金を使うのでしたら、そのお金を、子ども医療費無料化・公立保育所の維持・市立病院の拡充・少人数学級の推進などに使うべきです。
 しかし、先日の候補者ZOOM対談において他の二人の方は、前市政の大型開発路線を変えるつもりはないと明言していました。前市長の後継者は「千葉市にはもっと開発ができるところがある」とまで言っていました。
 もちろん、自分は大型開発を見直します。それによって生じた財源を市民生活・市民サービスにあてます。
 具体的にはPCR検査の大幅拡充・子ども医療費無料化・市立病院の病床拡充・公立保育所を維持する・少人数学級に向けて正規雇用の教員を増やす、などです。

 なお、3月の市長選告示前に、再度現場に行って、動画を撮影してきました。波に運ばれたのか、浜辺には黒い砂利でいっぱいでした。改めて、ここを「白い砂浜」にしようとしたことが、根本的に間違っていたと痛感しました。(動画・これでいいのか?千葉市の大型開発 税金8億円をかけて白砂を入れた稲毛海浜公園に行きました。)

千葉市の防災対策について

 今日は、東日本大震災から10年目の日です。
 当時、自分は会社員をやっており、取引先との会議を行っていました。
 その最中にこれまでにない揺れを経験しました。
 そして翌日、福島第一原発が爆発しました。
 地震・津波に原発事故が重なって莫大な被害が生じました。
 それまでも、原発反対でしたが、この事故を見て、人生初となる反原発デモに参加したものでした。
 10年経ちましたが、まだまだ災害も事故も収束していません。そのことを改めて考えさせられました。

 さて、千葉市は一昨年の秋、台風が直撃しました。
 中央区では風速57メートルの風が吹きました。よく使っている作草部の国道の上に、プレハブの家が飛んできた、というニュースを見た時は心底驚きました。
 また、我が家は無被害でしたが、多くの知り合いが、停電で不便を余儀なくされました。
 またいつ台風がやってくるかわかりません。そのためにも、この停電対策を進める必要があります。
 停電の原因の一つに倒木で電線が切断されるというのがあります。これを防ぐために、市内の樹木の状況を調査し、倒木の危険性がある樹木に事前の対処を行う必要があります。
 また、村田川などの河川氾濫もありました。こちらの対処も進めていきます。

Continue reading

千葉市長予定候補ZOOM討論会に参加

 3月4日に、千葉市長予定候補三人によるZOOM討論会を、淑徳大学の矢尾板教授が主催してくださいました。
 2時間にわたる長丁場でした。また、矢尾板教授からいただいた討論内容を見ると、かなり入念な準備が必要であることがわかりました。
 そこで、当初予定していた、かなみつ理恵県知事候補と一緒に千葉市内で遊説する予定をキャンセルし、こちらの準備にあてました。
 討論においては、対立候補である二人に嫌な思いをさせない、という事を最優先して望みました。
 大阪などで活動する一部の政治家に見られる、相手のあらさがしをし、詭弁まで用いて「はい論破」とするような「討論」は苦手でした。同時に、それでは討論を見て下さる有権者にも失礼だと思ったからです。
 幸い、対立候補のお二人も、自分と同じ考えだったようでした。そのため、意見の異なる案件では、お互いの主張を激しく闘わせましたが、お互いの考えをリスペクトをもって伝えることができたと思っています。
 千葉市長選挙WEB公開討論会”ちばでも Election Chiba 2021”

Continue reading